12月議会 一般質問

2011年12月20日 08時54分 | カテゴリー: 議会報告

12月1日の一般質問では<八王子の避難者に安心を>というテーマで質問をしました。
市内には、未だ被災地から避難されてきた方たちが300名以上暮らしています。
その内7割以上が福島から避難されてきた方たちだそうです。
また、避難者の中には八王子市が無償提供した住宅(市営住宅やコニカミノルタハイツ等)で暮らしている方もいます。しかしその住宅提供の期限は来年3月31日。今住んでいる方はそれまでの間にまた次の家を探し、引っ越さなければなりません。中には、お子さんがやっと慣れた小学校をまた転校しなければならないケースも出てきているのです。
次に東京都の応急仮設住宅へ移るように勧めているとのことですが、「後は東京都に聞いて下さい」ではなく、個々の事情をきちんと聞き取り、なんども転校しなければならない等のことがないよう、きちんと対応しなければならないと思います。
議会では、・市独自の支援は継続できないか・都との連携はとれているか・せめて市が責任をもってコーディネイトするべきではないか 等の質問をしました。
まだまだ、福島では八王子とは比べものにならないほど放射線量の高い場所がある状況の中、やっとの思いで八王子に避難されてこられた方たちです。その方たちに「八王子に来てよかった、ここなら安心して暮らせる」と思ってもらえる市でありたいと思います。